高齢化社会の認知症による問題について|認知症の改善や対策

ページトップへ

早めに治療することで
 改善することが出来る

サプリの利用など

活き活きとした毎日を過ごすためには

急速に高齢化社会が進む今日、大きく問題視されていることの中に「認知症」問題があります。認知症が発生するメカニズムははっきりと解明されていませんが、脳の神経細胞が急速に減少し、脳が萎縮するために記憶が失われていくと考えられています。この認知症の症状が進むと日常生活に支障が伴い、深刻な問題が発生しま。「認知症」が社会問題の1つとして問題視される中、予防治療としてサプリメントを積極的に取り入れる風潮が広まっています。今日までには多種多様なサプリメントが開発され、科学的な立証が行なわれているものも数多く存在します。「自分の健康は自分で維持する」という意識が高まり中、効率的にサプリメントを取り入れることで認知症の予防へとつなげていくことが出来るのです。

必要なサプリメントとは

認知症予防に効果が期待されているサプリメントとしては、まず、「DHA」があります。この「DHA」は、イワシやサバ等の青背の魚や魚卵、イカに含まれているものであり、今日では様々な種類のサプリが販売されています。また、脳を元気にして記憶力の低下を防ぐのに効果が期待できる、「ビタミンB群」のサプリメントも積極的に取り入れたいものです。また、中枢神経系の伝達物質である「アセチルコリン」も取り入れるのも良いでしょう。これら認知症予防のサプリメントは、含有成分によって異なりますが、1か月分を3千円から5千円前後で購入することができます。研究が進み、新たなサプリメントが開発・販売される今日では、より高価な商品も販売されています。