高齢化社会の認知症による問題について|認知症の改善や対策

ページトップへ

早めに治療することで
 改善することが出来る
  • 共通点などについて

    各自治体で行われている認知症の予防方法があり、それには共通した点があります。それは高齢者が集まる場所をつくることで、地域の人たちと対話をする場所になります。さらにこの場所で運動をするなど様々な取り組みが行われていて、効果を上げています。

    Read more

  • サプリの利用など

    認知症は大きな社会問題の1つであり、誰でもがかかる可能性がある病でもあります。認知症を予防し、活き活きと過ごしていくためには、規則正しい生活習慣を送ることと共に、必要な栄養素をサプリメントで取り入れることが大切なのです。

    Read more

認知症とは

客観的な診断基準の確立が待たれる

認知症とは、日常生活に支障をきたすほどその知能が後退した状態を言います。 現在、認知症の客観的、かつ確実な診断法は確立されていません。 主に患者さんのもの覚えや認知、行動、精神状態の様子を医師が詳細に観察し、共通の診断基準により判断しているのが現状です。 認知症の予防や治療の方法を確立するためにも、数値や画像などによる客観的診断基準は重要です。 そこで現在研究されているものの一つは、MRI、PETなどコンピューターを駆使した画像による診断法です。 認知症患者、非患者のデータを比較、分析することで、その違いを解明しようとしています。 成果が出るにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、期待したいところです。

糖尿病のように予備軍の状態がある

認知症の原因には、脳血管の障害、頭部外傷、アルツハイマー病など複数のものがあります。 認知症に至る要因としては、バランスの悪い食生活、不規則な生活、過度のストレス、睡眠不足、運動不足など生活習慣によるものもあると分かってきていますが、最も大きいものは加齢であると考えられています。 複数の国で高齢化が進む現在、認知症の治療、あるいはその予防はとても重要な課題です。 そこで予防、早期発見のための取り組みが今注目を浴びています。 認知症のいわば予備軍の状態を発見する認知テストが開発されたことも、その一つです。 物忘れ外来などの専門機関で受けることができます。 認知症の予防、改善のためには、生活習慣の改善の他に創作活動、人との交流なども大事であると解明されてきたため、各自治体による高齢者のためのイベントも増えてきました。

  • 種類や症状

    認知症にはいくつかの種類があり、その種類毎に発生機序や進行、出現する症状が異なってきます。予防、または進行を食い止めるためには認知・記憶を刺激する事が必要になります。

    Read more